県内唯一海幸彦を祀る神社「潮獄神社」

 11月8日(日)県内で唯一「海幸彦」を主祭神として祀る神社潮獄神社の秋の大祭が行われました。

d0114583_1334623.jpg


春と秋の年二回大祭が開催されますが、春は2月の立春、秋は11月の立冬に行われます。

神社での神事なども行われますが、獅子舞が各地区を回って、無病息災を祈願して廻ります。

地元の方や、消防団が協力して、地区を練り歩きます。


d0114583_13372924.jpg
d0114583_13384196.jpg


d0114583_1341308.jpg

d0114583_13421055.jpg


d0114583_13585792.jpg


獅子舞を舞うには、祭りの前に厳しいしきたりがありました。例えば、祭の前何週間かは、獅子舞を踊る人たちが寝食を共にする共同生活を行い、お風呂には入らず、代わりに川で行水をしたり、食べ物も自分たちで作っていました。(女性が作る食べ物は食べられません)もちろん、家族や恋人と会うことも厳しく規制されていました。

また、独身男性のみが舞うことが決まっていました。

しかしながら、最近は後継者不足からそうも言ってられない状況にあるそうです。

d0114583_1349553.jpg


今回の獅子舞を踊ったメンバー。

地元の伝統文化を守るため、仕事等で忙しいながらも、がんばりました。

最近は、この潮嶽神社も、観光特急「海幸山幸」運行開始に伴い、日南市のスピリチュアルスポットの一つとして、たくさんの観光客が訪れています。
[PR]

by fwhk4933 | 2009-11-09 13:39 |  

<< つわものどもが夢のあと 桃色じゅうたん >>