油津地区の地名にまつわるエピソード満載

 異業種交流グループ「日南市産業活性化協議会(井野畑善順会長、21人)が、油津地区の地名にまつわるエピソードなどを掲載した「油津 其の二 海と光と風の地名録」を出版しました。
d0114583_10295026.jpg

 冊子は、A4版のカラー126ページで、同協議会会員が聞き取り調査を行い、2年かけて編集しました。江戸初期から昭和初期まで使われていた約200の地名を取り上げ、昔の写真や地図、地元住民の話などを交えながら、生活文化や史跡などを紹介しています。出版は、平成5年の「油津 海と光と風と」に続き、2度目になります。
d0114583_1031758.jpg

 井野畑会長は「多くの人にこの本を読んでもらい、油津の原風景や昔ながらの地名を後世に語り継いでもらいたいです」と話していました。

 同書は、1冊2,000円。日南商工会議所(0987-23-2211)で販売しています。
[PR]

by fwhk4933 | 2010-05-27 10:33 | その他  

<< すずき亭 “し”のひとりごと2 >>