「ほっ」と。キャンペーン

さっぱりでもエッジの利いた「飫肥ラーメン」

飫肥城大手門から徒歩3分。
重要伝統的建造物保存地区内にあり、鯉の放流がされている後町通りに
今年6月18日にオープンしたばかりの「器食堂」がある。
d0114583_14511234.jpg

店内にはいるコーヒーと杉の香りがする。
カウンター、テーブル席、座敷でざっと30人は入れそうです。
d0114583_14523396.jpg

今日の目当ては「飫肥ラーメン」

鶏スープであっさり、麺を食べた後はそのスープでお茶づけも出来るラーメンと聞いている。


「飫肥ラーメン」600円
d0114583_14542644.jpg

どんぶりは普通の中華丼ぶりに比べると小ぶり。
柔らかそうな豚肉と飫肥のてんぷら、にらとねぎが盛られている。
どんぶりの傍らには、何やら透明のスープ。
「味が濃い場合には、この鶏スープで薄めて召上がりください。」なるほど
「最後にご飯を入れて鶏飯のようにスープまで召上がりください。」と、説明を受ける。

まずはスープをすする。
さっぱりとした鶏としっかりとした醤油でメリハリの利いたスープ。 旨い!!
d0114583_1522299.jpg

あっという間に麺を食べとり、ご飯と先ほどのスープも合わせて食べる。ホント鶏飯だ。
食べ終わる頃に、デザートのコーヒーゼーリーが出てきて ちょっぴり嬉しい。

味、量、料金ともに満足!!

メニューには、遠方からも食べに来られる、トマトと豚肉と半熟卵をのせた「トマト丼」やコーヒーと厚焼玉子の「小村寿太郎セット」などこだわりの料理がある。


店のこだわりは
 「飫肥に根差した食べ物を楽しんでもらいたい。」

飫肥ラーメンって?
 「丸鶏スープで(飫肥の)安藤醤油の生醤油の美味しさを知ってもらいたくて作りました。
観光にも役立てば(幸い)と思います。」


◆器食堂
◆〒889-2535 日南市飫肥5丁目3-23
◆電話 0987-25-2031
◆営業時間 11:00~21:00
◆定休日 木曜日と第1水曜日

《追伸》
本日の「飫肥ラーメン」は
d0114583_15183116.jpg

いつもお世話になっている! 飫肥の顔! 変なパン屋さん! 中島さんからの情報提供で取材に行きました。 「うみのパン」中島さん いつもありがとうございます
[PR]

by fwhk4933 | 2010-07-23 15:18 | グルメ編  

<< “し”のひとりごと2 “し”のひとりごと2 >>