“し”のひとりごと2


和(なごみ)
先日、北郷駅前にある「和(なごみ)」さんに行った。
民家を(改築?)した風のつくりで、大人数対応の部屋
からグループ対応の部屋(掘りごたつ風)まで、数多く
ある。でしゃばりすぎない看板と、落ち着いた雰囲気で
店名どおり和む。
d0114583_10273441.jpg


実は、お店がオープンした何年か前(?)に一度取材か
何か(?)でいったことがあるが、食事をしたことがなかった。

皆様にとっては、今更?あ~といった感じかもしれないが、
自分にとってはワクワクドキドキ。初体験。

それでは、食の喜びを味わう時間。スタート
まずは、前菜?から
絶妙のソース豚シャブ(?)の上に大根やパプリ
カの野菜添え(以下からの料理の説明は自分の見た目と感想)
d0114583_1028021.jpg

ここで、ビールを一杯。

次に出てきた料理は、冬瓜の煮物、イチジクの生ハムのせ、
タコや魚(見てのとおり)
d0114583_10282094.jpg

ここで、冷酒二合。

次にひらめのお造り。(あまりにも白くて撮影へたくそで、すいません)
d0114583_1028353.jpg


次にそうめん。(そうめんというだけの説明でいいのか?)
d0114583_10285447.jpg


さらに、天然鯛のパイ包み(雲丹?のソースかけ)
d0114583_10301387.jpg

またまた、冷酒二合。

さらに、牛肉のフォアグラのせ&鴨肉の金柑添え。
d0114583_10303850.jpg

すすむ、すすむ冷酒。

次の料理。(なんだったか?)
d0114583_1035935.jpg

もうおわかりだと思うが、だんだんほろ酔い気分。

最後のしめは、お茶漬け。(もう入らない)
d0114583_1031686.jpg


そして、デザートは抹茶アイスともう1品。(なんとか食べた)
d0114583_1033519.jpg

ここまでくると、冷酒を何合飲んだか分からない。


おわかりの通り、飲みすぎ。もったいないことをした。
でも、非常に満足。これ。やっぱり女性は喜ぶだろうな。

和風・洋風?盛り付けもきれで、店名の和(なごむ)どころか
驚きの連続です。食べ終わった後に、和む感じかな。
d0114583_10341249.jpg

お店情報は↑↑↑↑↑↑↑
奥様の柔らかい笑顔と、でしゃばりすぎない声のトーン。ご主人がつくるおいしい
料理。それらが一体となって「なごむ」お店ででした。
みなさんも、ぜひ行かれてください。(取材協力してくれたMとHさんありがとう)
[PR]

by fwhk4933 | 2010-08-27 11:03 | “し”のひとりごと  

<< 倒木 “し”のひとりごと2 >>