しのひとりごと  (最終回)

激動の4年間
 10月1日付人事異動で観光係を異動することになりました。
思えば、平成16年8月25日。なんとも中途半端な時に観光係に異動。そう、NHK連続
テレビ小説「わかば」の放送開始1か月前。その対応の応援ということでした。そこから、激動の4年間の始まりでした。
 
 来てそうそう、全国各地へキャンペーンに行ったり、ロケの対応をしながら、ちょい役で出てみたり、スタッフの方々や出演者の方々との飲みなど。番組収録打ち上げで、大阪に行った際には出演者勢ぞろいで、キョロキョロしながら飲んだことが思い出される。あんなに普通に多くの芸能人と一緒に飲んだことはもちろん初めて。ミーハーでない僕もさすがに驚きました。

 それからというもの、多くの観光客が訪れ、電話はなりっぱなし、他のメディアの取材など、「わかば」効果が怒涛のように押し寄せてきました。その後、FC(フィルムコミッション)が県に立ち上がり、テレビCMやドラマのロケなどが数多くあり、そのたびに多くのエキストラや色々な方々にご協力いただきながら、無事終えることができました。

 一方で、飫肥城下祭りや油津港まつりなどの祭りの運営にも携わることができ、その時にも多くの方々にお世話になりました。特に昨年の油津港まつりは、色々な面で劇的に変化させたため、6,000発の花火が打ちあがった時には、涙が出そうになりました。

 このように、4年間の観光係の生活の中で、観光の職場の方はもちろん、全職員の方々、私に関係していただいたすべての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。観光係の4年間で「いったい何ができたのか」疑問に思うこともありますが、とりあえず、楽しく過ごせたのでヨシとしよう。あまりにも、多くの出来事がありすぎて、なにを書けばいいのかわからなくなったので、これぐらいで終わりにしようと思います。本当にありがとうございました。

d0114583_9191981.jpg
  
[PR]

by fwhk4933 | 2008-10-02 09:20 | “し”のひとりごと  

<< 薫り立つ うすぎ木犀(もくせい... ロバート英会話教室 >>