2011年 04月 19日 ( 1 )

 

“し”のひとりごと2


男2人旅 -大島編-
新しく観光課長になったK課長が、
「ちっと、大島いくど」と言ったので、
早速2人で出かけた。(K課長とは、一緒の
職場になったことはないが、飲み会やキャンプ
などで随分前からの知り合い)

大島には、飲み物の自販機はあるが、食料がないので、
南郷のスーパーで弁当と飲み物をゲット。レジで、
お金を出すまねをしたが、K課長の支払い。(私の
中での決まりごと:先輩と一緒の時は、先輩が、年下
の時は、私が出すことに勝手に決めている)

早速、目井津港横にある大島行きの船乗り場へ。
d0114583_19405052.jpg

d0114583_19411376.jpg

出港を前に海を見ているのが、K課長。
目井津港を出て約10分。船内はこんな感じで、
d0114583_19413283.jpg

乗客5、6人が乗船。(磯遊びに向かうらしい)
船酔いもせず、最初の港
竹之尻港へ到着(その後、小浜港にも着岸)
d0114583_19421338.jpg

大島の管理人の大嶋さんの車で、キャンプ場へ。
大島さんの話。
「今は、4世帯で、5~6人が暮らしている。
多い時は300人以上がいて、独立した大島小学校
もあり、児童も100人ぐらいいたらしい)
d0114583_1942434.jpg

その大島小学校跡地に建てられたのが、大島のキャンプ場。
車で、約5分。(宿泊される方は、港から徒歩20分。荷物
は管理人の車で運んでくれる)
ちなみに、この島電気がとおったのが、昭和43年。(私の
生まれる1年前である)こちらが、点灯記念碑である。
d0114583_19445669.jpg

キャンプ場の様子はこちら。
38人収容のキャンピンは、2階が寝室で、1階が食事スペース
や大浴場、家族風呂などがある。
外には、焼肉等ができるテーブルが完備(もちろん冷暖房完備)
d0114583_19463164.jpg

d0114583_19442182.jpg

こちらは、コテージの様子。(A棟、B等どちらも6人収容)
2階建で、キッチン、バス、トイレ、冷暖房完備。
広さも十分だが、何がいいかって、2階にある浴室からの眺め
が最高。朝日を浴びての朝風呂が最高だと思う。
d0114583_1945225.jpg

d0114583_1945436.jpg

d0114583_1946824.jpg

そして、2人で管理人の車を借りて島中を散策。
こちらは、展望台からの眺め。
d0114583_19465440.jpg

こちらは、もうひとつの港、小浜港。
d0114583_19471910.jpg

とにかく海がきれいだ。K課長は、何を
さがしているのか、岩を覗き込む。
d0114583_19474694.jpg

こちらは、鞍崎灯台。明治13年に建てられた、日本で最初の
コンクリートを使った灯台。
d0114583_1948962.jpg

d0114583_19482613.jpg

男2人。買ってきた弁当ををここで食べる。

それから、キャンプ場に戻ることに。K課長「
ちょっと、歩いて散策してくるわ」って1時間以上
もどらず。健康のためか、観光のためか。私は付き合い
きれないので、キャンプ場で帰りを待つことに。
d0114583_19484883.jpg

こちらは、インディアン岩らしい。
その間に、管理人の方とお話。
大嶋さん「今度、そっちに行った観光協会のS元君よ。
独身やとよ・・・・」みたいな話で盛り上がり。
d0114583_1949405.jpg

大嶋さんご夫婦は、ここの管理人になって10年。
真っ黒に日焼けしたまじめそうなご主人と、ちょっと
恥ずかしがり屋のやさしい奥様がみなさんのお越しを
お待ちしております。
ちなみに、GWは、4/30、5/3~5は予約が入っているの
でそれ以外で。
■大島アドベンチャーキャビン
問い合せ:TEL(0987)64-4532
または、南郷総合支所:TEL(0987)64-1111

(INFO)
■南郷町 大島一周ウォーキング
期  日:5月29日(日)(少雨決行)
参加費用:1,000円/人(船賃他)
コース :大島一周ウォーキングコース(約9km)
昼  食:各自で弁当を持参ください。
募集締切:5月10日(先着80名)
申込方法:かんぽの宿 受付の所(申込書を受付箱に入れる)
     電話090-4356-0106(柳原会長)
     FAX23-5196(日南ウゥーキングクラブ 柳原会長あて)
     


ちなみに、ちなみに、北郷町温泉観光協会のY削くん。
これで、宣伝広告のもとはとれた?

大島アドベンチャーキャビンと飫肥杉製かばん。
d0114583_2062058.jpg

[PR]

by fwhk4933 | 2011-04-19 20:06 | “し”のひとりごと