「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:未分類( 17 )

 

がんばれ!宮崎シャイニングサンズ

都城市を活動の拠点としている本県初のプロバスケットボールチーム「宮崎シャイニングサンズ」。

先日、NHK宮崎放送でも特番で放映されたので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

10月16日から開幕するプロバスケットボールリーグbjリーグ2010-2011に初参戦します。

bjリーグは、プロバスケットボールチーム16チームが参戦し、リーグ戦で各チーム52試合を行います。

来年2月12、13日と3月12、13日には、日南総合運動公園多目的体育館でホームゲームとして試合が行われます。 

その関係もあって、10月4日に、宮崎シャイニングサンズの遠山向人ヘッドコーチや清水太志郎キャプテンたちが谷口市長を表敬訪問しました。
d0114583_1434719.jpg
d0114583_1441942.jpg


なんと、清水キャプテン(上集合写真の左から3番目)は、本市出身で吾田中学校の卒業生です。

清水キャプテンは「夢の舞台である地元でプレーできることはとてもうれしいです。子どもたちに夢を忘れずに追い続ければかなう、ということを伝えられるようなプレーをしていきたいです」と意気込みを語ってくれました。

地元出身の選手がいると、親近感もわいてきます。皆さん、ぜひ応援を。

(裕)
[PR]

by fwhk4933 | 2010-10-05 14:10  

伊勢エビ漁の朝

伊勢エビ漁が解禁となり、市内の漁港は早朝から活気付いている。

9月2日の水揚げ初日、朝3時、車を走らせ、富土漁港へ取材へ向かう。

途中、いくつかの漁港を通り過ぎると、薄明かりの中、漁師さんが出港の準備をしていた。
その光景を目にするたび、いよいよ解禁かと実感する。

富土漁港に着くと、他の漁港と同じように漁師さんたちが船の上で出港の準備をしていた。
d0114583_102244.jpg


朝4時になると、一斉に5隻の小型漁船が出港。

約40分後には、次々に漁船が帰港し、船の上には、赤い網に掛かった伊勢エビが顔をのぞかせていた。

岸壁に船を係留させると、漁師さんたちは、カギという道具を使って、手際よく網から伊勢エビを外し、カゴの中に入れていく。
d0114583_1054655.jpg


カゴに入った伊勢エビは、威勢良く飛び跳ねている。
d0114583_1073760.jpg


しばらくすると、漁師さんたちの家族がやって来て、家族総出で漁を手伝い始める。

網からすべての伊勢エビを外し終え、船から網を引き揚げ、次々に干していき、今日の漁は終了。
d0114583_1019924.jpg
d0114583_1083020.jpg


初日は、台風の影響もあって波にうねりがあり、状況が良く大漁だった。
d0114583_10122043.jpg


富土漁港では、伊勢エビ漁が始まると、漁師さんやその家族は漁港で朝ご飯を食べる。

私も富土漁港の皆さんのご厚意で朝ご飯を頂いた。

朝ご飯は、伊勢エビのみそ汁とご飯、卵焼き、漬け物などなど。
d0114583_10155983.jpg


いつも思うことだが、富土地区の方々の気遣いとおもてなしには頭が下がる。

本当にありがとうございます。あと段取りをしてくれたH事務局長ありがとうございます。

しかし、この日、漁師の息子さんのH事務局長の姿は見なかった。たぶん二日酔いで寝ているのだろう。

後で聞いた話しだが、その日(初水揚げの日)の朝食はパンだったらしい。


関連情報 日南市観光ホームページ
                                                          (裕)
[PR]

by fwhk4933 | 2010-09-09 10:35  

一匹でも多くの子ガメを海に帰したい

 東郷地区の平山海岸で5月10日、県指定天然記念物に指定されているアカウミガメの産卵が確認されました。今年になって市内で確認されたのは初めてです。産卵は、6~7月にピークを迎え、8月上旬まで続きます。
d0114583_1162999.jpg

 市のアカウミガメ保護監視員で市野生動物研究会会長の桑田守さん(59歳)が、早朝、波打ち際約1㍍の砂浜に産卵した後を見つけました。約50㌢ほど掘り起こすと、直径約4㌢ほどの乳白色した卵87個が確認されました。卵は、波で流されたり、野犬などに食べられたりすることを防ぐため、すぐに風田海岸の市営ふ化場に移されました。
d0114583_118154.jpg

 初期の卵は、約80日でふ化する予定で、生まれた子ガメは砂浜まで運んで海に戻します。昨年、市内では、延べ79匹の上陸が確認され、そのうち延べ69匹が7541個を産卵。そのうちふ化したのは5076匹でした。
 桑田さんは「昨年は、雨などで卵が濡れないよう保護した結果、ふ化率が良かった。今年も一匹でも多くの子ガメを海に帰したい」と話していました。
[PR]

by fwhk4933 | 2010-05-11 11:08  

油津駅のドン

みなさん、こんばんわemoticon-0171-star.gif
先日、6年ぶりにショートカットにして、少年と呼ばれている‘やま’ですemoticon-0100-smile.gif
d0114583_17154273.jpg


今日の観光課はこんな感じemoticon-0134-bear.gif
I賀補佐、N川さん、M下係長、みんな黙々と仕事してます、すげぇ~emoticon-0133-wait.gif

今日は油津駅のドン「ニャン(たまに、マークン)」の紹介ですemoticon-0159-music.gif

油津駅には日南市観光案内所があり、切符の販売や観光案内を行っています。

■油津駅正面(最近リニューアルされ、トイレもきれいになりました)
d0114583_1724189.jpg


■この時期ならではの赤と緑のコントラスト『ポインセチア&サルビア』
(駅のホームへつながる道を明るくしてくれていますemoticon-0155-flower.gif
d0114583_17241610.jpg


■油津駅内の観光案内所(いつも職員の方が優しい笑顔で対応してくれます!)
d0114583_17243140.jpg



そんな油津駅に猫の「ニャン」が住みついているようです。
d0114583_17384993.jpg



近所の方や汽車利用者から可愛がられる「ニャン」は、今では7人家族ですemoticon-0104-surprised.gif
初対面の私にも怖がらずに寄ってきてくれましたemoticon-0115-inlove.gif
住み家は駅のホーム横にある木々の中。
冬の寒い日や、雨の日などはどうしてるのでしょうか?ちょっと心配。

油津駅にお立ち寄りの際は、
油津駅のドンこと「ニャン(たまにマークン)」を探してみて下さいねemoticon-0170-ninja.gif
[PR]

by fwhk4933 | 2009-11-17 17:41  

いよいよ明日です

みなさん、こんにちは。
今日は朝から大忙しでドタバタの観光課ですemoticon-0100-smile.gif

いよいよ、明日観光特急「海幸山幸」が運行を開始します。
間にちまったこの日。
たくさんの方の力が集約されて、この日を迎えることができるのだと
思っています。

本当におめでたい日になりますねemoticon-0137-clapping.gif

明日は飫肥駅で12:16~歓迎式が行われたり、物産販売したりの予定です。

「海幸山幸」を見かけたら、元気よく手を振ってくださいね~emoticon-0140-rofl.gif

ちなみに、そんなめでたい日に‘やま’は出席できません・・・
姉妹都市である那覇市の『那覇まつり』に参加してきますemoticon-0103-cool.gif
そちらの様子も連休明けにブログにて報告しますね~emoticon-0159-music.gif
[PR]

by fwhk4933 | 2009-10-09 13:26  

油津チョロ船体験乗船を行いました。

 みなさん、チョロ船ってご存知ですか。

 チョロ船とは、伝統的な木造帆船(漁船)のことです。油津では、「チョロ」と呼んでいました。

 「チョロ」は、近海を漁場として、シビ、マビキ(しいら)、カジキマグロを主に釣っていました。

 昭和30年代に強化プラスチック船が普及するまで沿岸漁業船の主役だったものです。


 毎月第3日曜日に、乗船体験を行っています。(乗船時間約20分から40分)

 8/16(日)は、後河内子供会のみなさんが乗船体験を行いました。

d0114583_1113387.jpg


d0114583_11222442.jpg


チョロ船の歴史はさておき、櫓漕ぎに興味津々でした。

現在、3隻が運行しています。

d0114583_1124669.jpg


みなさんもぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。



ただし3隻しかありませんので、子供でしたら6人程度しか乗れませんので、あしからず。












 

 
[PR]

by fwhk4933 | 2009-08-17 12:03  

日南市飫肥にある焼酎展示即売所

 日南市飫肥にある日南酒造協同組合が運営する焼酎展示即売所を紹介します。

d0114583_11481479.jpg


外観は、土蔵づくりとなっていますので、目立ちます。飫肥の農協横にあります。

d0114583_1149778.jpg


中にはいると、各焼酎蔵の焼酎がズラリと並んでいます。
d0114583_11495565.jpg


ちなみに、焼酎の試飲も出来ます。(運転する人は、ご遠慮ください。)

d0114583_1151836.jpg


日南は、焼酎蔵もたくさんあります。焼酎にはかかせない、おいしい水が豊富だからでしょうか?
しかもほとんどの焼酎蔵も主力商品は、アルコール度数20℃です。ホワイ?
色々諸説あるみたいですが、ロックで飲んだり6:4のお湯割で飲みやすいからでしょうか。

d0114583_11525780.jpg

[PR]

by fwhk4933 | 2009-08-14 12:00  

温泉足湯2箇所目がオープンしました。

 日南市北郷町大藤の北郷温泉郷に温泉足湯がオープン。

d0114583_15171563.jpg


 北郷温泉郷サンチェリー北郷前の駐車場に隣接しています。

 
d0114583_15184624.jpg


足湯につかるとなにやら、杉のいい香りがします。なんとすぐ横に飫肥杉のチップが散りばめられています。

しかも、約51℃の天然温泉がいわゆる、源泉かけ流しでコンコンと流れ出ています。

木陰の中にある足湯なので、とても涼しいです。 

d0114583_15202212.jpg


d0114583_15204260.jpg


みなさんも、ぜひ北郷温泉郷近くにお越しの際は、足湯につかってリラックスしてください。

また、森林セラピーで有名な猪八重渓谷近くにも、温泉足湯がありますのでこちらにもぜひ立ち寄ってみてくださいね。

d0114583_15242713.jpg
 
[PR]

by fwhk4933 | 2009-08-13 15:26  

飫肥城趾の観光ボランティアガイド研修(飫肥中生の体験学習)


 悠久の時を刻む、町と人々の物語  「飫肥」

 かつて5万1千石の城下町の風格ある町並みと風情漂う文化は今に受け継がれ、九州の小京都とも呼ばれています。 また、全国からたくさんの観光客のお客様に訪れていただいています。

そこで、地元飫肥中学校の生徒が、保存会が運営している由緒施設(松尾の丸や商家資料館など)の観光ボランティア体験を行いました。

d0114583_1635341.jpg


ベテラン観光ボランティアの方より指導いただいた後に、観光で訪れたお客様へガイドを行います。

d0114583_166181.jpg
 

緊張しながらも、勉強した成果を発揮。

d0114583_167931.jpg


もちろん、ボランティアなのでお金はいただきません。近くに住んでいると意外と知らない文化財。私なんか観光課になってから初めて施設を全部回った次第です。

d0114583_16851100.jpg


松尾の丸の伊東のお殿様の厠(トイレ)は、私もびっくりしました。お殿様が大きい方をしたときは、すぐにトイレの下の引き出しにたまった、いわゆる「糞」をお付きのお医者さんが毎日チェックしていたそうです。

人間の糞は、健康のバロメーターなのですね。

ちなみに話は変わりますが、飫肥小・中学校の生徒は、観光客を見たら必ずあいさつをします。
あいさつから始まる人格形成?とてもいいことですね。




 
[PR]

by fwhk4933 | 2009-08-06 16:21  

廃油キャンドル


油津中学校で廃油キャンドル作りが行われました。
飫肥に灯りを灯す会の皆さんが、
油津中学校の美術部をはじめとする生徒さんと作りました。

d0114583_9154829.jpg



生徒の皆さんは、初めて体験するということで
わくわくした様子でしたemoticon-0142-happy.gif
d0114583_9232033.jpg



ロウの芯に廃油がつかないように慎重に注ぎます。
d0114583_9254185.jpg



少し時間がたつと……
固まって出来上がりました!!
d0114583_9284675.jpg



美術部の部長さんは、
「難しかったけど、家でも作ってみたいemoticon-0152-heart.gif」ということでした。

港まつりの日に、この出来上がったキャンドルで
ととろや油津中学校の校章を形作るそうです。

廃油で作っているので二酸化炭素が出ない
環境に優しいキャンドルをぜひ見に行ってみてください。
[PR]

by fwhk4933 | 2009-07-16 09:55