カテゴリ:“し”のひとりごと( 162 )

 

■“し”のひとりごと


油津港まつり(7月28、29日開催)の打ち合わせで油津を運転中、
ラジオから「あじさいのうた」という曲が流れた。
あっ、そういえばそろそろ紫陽花が咲く時期かと思い、油津か西へ
GO。国道222号を酒谷方面へ向かって飫肥のまちをぬけたあたり
から、見えてきた(あじさいロード)。道路の両側に紫陽花が植えて
ある。緑の葉っぱがまぶしく元気に茂っている。よ~く見てみると、
白くつぼみが出始めており、中には色がついているものもある。d0114583_17294589.jpgd0114583_17295924.jpg











ちなみに、左はふるさと林道小布瀬風野線。
飫肥のまちをすぎて、両側に紫陽花をみながら、酒谷方面へそして、道の駅酒谷
をすぎて、酒谷キャンプ場をすぎて、1、2分走ると左に左折する。d0114583_17413539.jpg
d0114583_17415474.jpg









左の写真の上方向が都城方面、左折して小布瀬橋を渡ると、「ふるさと林道 小布瀬風野線」。(この道は、串間までつづく)d0114583_17462733.jpgd0114583_17471198.jpg










ず~と両側に紫陽花が植えられている。さぞ、満開になったらキレイでしょうね。
え?「なんで花が咲いた時の写真を掲載しないのか」って。花が咲いてからでは遅いと思って今の状態を掲載。だいたい咲く頃を予想して足を運んでみて。(何回でも)道の駅酒谷のそばもうまいぞ~

ちなみに、紫陽花の花言葉は、咲き始めからだんだんと花の色を変えることから、「移り気、心変わり」。またある所では、その色をかえることから、美しくなるためということで「ひたむきな愛情」とも書いてある。

ここで一句「紫陽花に あなたを想う 五月晴れ」 (意味わからん)
じゃ、もう一句「下に見る 大きな花火 紫陽花や」(なんだこれは)

もうすぐ咲く紫陽花を見て、7月には夜空に彩る油津港まつりの花火を見てね。
[PR]

by fwhk4933 | 2007-05-21 18:21 | “し”のひとりごと  

■“し”のひとりごと

アロハシャツ vol.2
いや~夏ですね。とにかく、この格好で飲みにいくと、やはり目立ちます。
“し”も10枚以上はもってますが、そろそろ新しいものを・・・と思っていたら
ハッピーな情報が。
 なんと、「ふろしきアロハ」(勝手につけた名前)

大判のふろしき2枚で出来上がる。 さっそく、噂の商店へGO!
d0114583_18404484.jpgd0114583_18421468.jpg
体に合わせて、う~ん。カタログから生地を選んで、う~ん。








d0114583_18442347.jpgd0114583_18443381.jpg









結局、左の柄で決定。(できあがりは、お楽しみ。見かけたらお声を)

それでは、購入方法はコチラ
・ふろしき大判2枚を使用(柄を合わせるので)
・ワンパターンの柄の場合、女性は1枚でもつくれるかも。
・綿生地なので、ジャブジャブ洗濯OK。
・注文して10日前後で完成。
・柄はお店にあるカタログから選んでもOK。
・料金は柄等にもよりますが、約8,500円前後


d0114583_18513352.jpgd0114583_18514185.jpg










飫肥城下町(国道222号沿い)に佇む和風の建物。
■岡本商店(tel 0987-25-1302)
優しいご主人ときれいな楽しい奥さんと一緒に自分お気に入りの
オンリーワン アロハをつくってみては。

[PR]

by fwhk4933 | 2007-05-11 19:02 | “し”のひとりごと